ウラジオストクで会費制のパーティがとんでもないことになりました!

日本からのお客さんと招待をしたロシア人。ほとんどが女性でした。
800ドルの予算で約25人分の軽い飲食を食べながらカラオケ大会という内容です。予算は現地のロシア人が見積もりを行い場所代とかを含めた予算でした。

パーティがピークの時はパーティ参加者が50名を越してました!
パーティに招待してないのに噂でパーティがあると聞きこんで参加したロシア人が約20名、数的にはもっと多かったかも知れません。

その時習ったロシア語は”チャイカ” カモメの意味ですが招待されてないパーティ参加者をチャイカと呼ぶようです。

会場の入り口近くに居るとチャイカがどんどん入ってきました。私の知ってる人が多かったのですがパーティには読んでない人たちです。
主催者のロシア人はチャイカを断ることは出来なかったようです。
ロシアの男性が ”ケチ”と言われたら・・・巷にあいつはケチだと言われたら信頼を失うのでしょうね。ケチという悪い噂をロシアの男性は滅茶苦茶嫌います。
チャイカ組は何と勝手にお酒を注文し食事を注文してる人もいました、というか食べ放題になってました。パーティに参加した人は皆さん楽しい時間を過ごしました。

翌日、パーティの主催者が私が泊まってたホテルの部屋に来たときに手元には分厚い紙片を持ってました。レストランの請求書のようです。

予算で行うはずだったパーティにチャイカが参加したために請求額が倍以上になったと主催者が慌ててます。

主催者;予算を大きくオーバーしましたので日本人の方達に追加料金は貰えますか?と言い始めました。
私:ダメです。あなたが企画して主催したのだからあなたの責任です。
主催者:私に対して)あなたはアイスクリームを注文して食べてました。アイスクリームは予算には含まれてません!
私:アイスクリームは美味しかったです。私は酒は飲まないのでアイスクリームだけを食べただけです。
主催者:しばらく考え込んで・・・手に持ってた請求書を破り捨てました。
そうです、彼が全額を払うことになり一件落着でした。