若者は海外に行かない! 理由はパスポートを持ってないから

日本人の20歳代のパスポート所有率は何と5%だそうです。
最初は車の所有率かと思いました。

私は18歳の時に取得しました。その時に言われたのは20歳以下の人は親の承諾書が必要というビックリな事実。
家出を考えてましたので親からの承諾書は無理な話です。
しかし何とかパスポートは取得できました。
三文判の押してある書類を提出するだけですので難しくはありませんでした。

しかし出発前には親に海外に出ることを伝えました!

日本人全体のパスポート所有率もびっくりす数字で24%だそうです。
私の回りで海外に行ったことがない、という人はいませんので私が異常なのでしょうか。

イギリスは60%、カナダは70%のパスポート所有率ですが世界の大国だったアメリカの場合は20%前後です。これはアメリカ人と話したことがありますが西海岸と東海岸の人が海外に出るそうですがアメリカ中央に住む人たちは海外はおろか隣の州にも行ったことがない人が多いそうです。
自分の場所が世界の中心地と考えてる人たちですのでそんな場所に行ったら英語が話せない人は人間と認めてくれません。

ウラジオストクの場合はどうなのでしょうか?
好奇心旺盛な人たちですので海外に行くことには興味がありますが先立つものが必要です。そんな普通のウラジオストク人がお隣の中国には買い物で出かけることがありました。中国との国境の近くにあるスイフンヘという街です。
しかしルーブルの価値が下がってるのですべてが倍の値段になってます。
ロシア経済が復活すればこの買い物旅行は戻ってくると思いますがロシア人はスイフンヘに行けない理由は中国が値段を上げたと怒ってますので原因は経済でなく中国の意地悪だそうです。

18日のロシア大統領選挙はプーチン氏の楽勝ですね。